HOME > 腕時計 > 男性用 > 天皇陛下 御即位記念 令和の双龍 銀製腕時計

I・E・I コレクション

天皇陛下 御即位記念 令和の双龍 銀製腕時計

天皇陛下 御即位記念 令和の双龍 銀製腕時計
クリックすると拡大画像がご覧になれます。

仕 様
●材質:ケース・裏蓋=銀(品位.925)、文字盤=真鍮、ダイヤモンド1石、風防=サファイアガラス、リュウズ=ステンレススチール、バンド=牛革
●ケースサイズ(約):縦45×横23×厚さ8;mm
●手首回り(約):18〜22cm
●ムーブメント:日本製クオーツ(月差±30秒以内)
●日本製

天皇陛下 御即位記念 令和の双龍 銀製腕時計

月々 14,500円(+消費税)×15回払い
一括価格 199,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)

令和の双龍 銀製腕時計

双龍翔け昇り、令和の幕開けを告げる。

天皇陛下の御即位という日本の歴史的なご慶事にあたり
皇室の御用を賜ってきた国産時計の名門「村松時計店」が
謹んでおつくりする贅沢な“銀製”の奉祝腕時計。

高品位の銀を使用した荘厳な輝きに
新時代を寿ぐ双龍が精緻なレリーフで浮かび上がる格調高い意匠。
永久の繁栄を象徴するダイヤモンドの光もまばゆい特別な記念作品です。

  • 120年以上もの伝統を誇る銀座の老舗「村松時計店」が謹製
  • 造幣局検定印入りの銀(品位.925)を使用
  • ダイヤモンド1石(鑑別書付き)
  • サファイアガラスの風防
  • クロコダイル調の本革バンド
  • 信頼の日本製クオーツムーブメント
  • 限定2019点 裏蓋にエディションナンバーと元号を刻印

銀の輝きにダイヤモンド、贅を凝らした高級仕様。

2019年5月1日、令和改元。皇太子徳仁なるひと親王殿下は「剣璽けんじ等承継の儀」に臨まれ、万世一系にして世界最古の歴史を誇る日本国の皇統を継承、第126代天皇陛下に御即位されました。輝かしき曙光が地平から昇りくるように、日本の新時代が幕を開けたのです。このたび、天皇陛下の御即位を記念して、皇室とゆかりの深い国産時計の名門「村松時計店」が特別な奉祝作品を謹製しました。古来、天子の象徴と伝えられる“龍”が2頭、皇室の来し方と輝かしき未来を繋ぐように向かい合う〈令和の双龍〉。高品位の銀にダイヤモンド、サファイアガラスに本革──まさしく国家的な慶事を祝うにふさわしい、高級仕様の腕時計です。

皇室の御用を賜ってきた「村松時計店」が謹製
造幣局検定印入りの銀(品位.925)を使用

尾錠には、名門「村松時計店」のロゴマークを刻印。

「村松時計店」は、1893年創業の由緒ある銀座の老舗時計メーカーです。明治天皇のご愛用時計の修理などを手がけたことから信頼をえて、宮内庁の受託業務や、各種記念腕時計を製造するなど、長年にわたり皇室の御用を賜ってきました。〈令和の双龍〉は、「村松時計店」が天皇陛下の御即位にあたり謹んでおつくりする奉祝腕時計。造幣局の検定印入りの高品位の銀(.925)を使用して、熟練の時計職人が伝統の技を駆使した逸品です。

天然ダイヤモンドを使用していることを証す鑑別書が付属します。

新時代の幕開けを寿ぐように、荘厳な銀の輝きに現れし双龍──天を翔け昇るその勇ましき姿が、鋭い鉤爪や細やかな鱗の一枚一枚にいたるまで、くっきりと精緻なレリーフで表現されました。双龍の頭上にきらめく旭日や、燃え上がる火焔、鉤爪で掴んだ宝珠は黄金色の光をまとい、旭日の中央には、皇室の永久の繁栄を象徴するダイヤモンドをセット。六時位置には小秒針が配され、絶妙なデザインのアクセントとして効いています。腕時計としての性能も一級品で、頑強なサファイアガラスの風防や、信頼の日本製クオーツムーブメントを採用。クロコダイル調の型押しを施したレザーバンドは、上質な漆黒の牛革を使用するなど、とことん贅が凝らされました。

美術品級の完成度を誇る精緻なレリーフで、立体的に表現された双龍。

1分1秒が、令和という歴史の一部となる
天皇陛下の歩みに寄り添う特別な奉祝腕時計

天皇陛下 御即位記念〈令和の双龍〉銀製腕時計は、わずか2019点のみの貴重な限定版で、裏蓋にはエディションナンバーと元号が刻印されます。天皇陛下の歩みに寄り添うように時を紡ぐ本作品は、1分1秒が歴史の一部となり、年月を重ねるごとにいっそう価値を増すことでしょう。令和という新時代を迎えた慶びをともに分かち合うため、今すぐお申し込みください。

観音開きの特製桐箱に収めてお届け。末永く大切にご所蔵いただけます。

村松時計店ロゴ 銀座 村松時計店

大正初期の社屋

輝かしき皇室の歴史とともに時代を歩んできた名門
明治26年(1893年)、村松恵一が創業。明治天皇のご愛用時計や宮殿内のホールクロックの修理を手がけたことから信頼をえて、皇室御用達の時計店として大正2年、銀座に進出。大正10年には宮内省内で店舗を運営。昭和53年には宮内庁内で店舗を運営するなど、輝かしき皇室の歴史とともに時代を歩み、昭和61年には、昭和天皇の御在位60年の記念腕時計、平成元年には、天皇陛下御即位記念の金無垢懐中時計、平成5年には、皇太子殿下御成婚記念の腕時計を手がけるなど、各種記念時計を制作。精工舎(現セイコー)、尚工舎(現シチズン)と並ぶ日本最初期の時計メーカーのひとつとして、いまも多くの愛好家の支持を受け続けている。


天皇陛下 御即位記念 令和の双龍 銀製腕時計

月々 14,500円(+消費税)×15回払い
一括価格 199,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)