HOME > その他趣味収集品 > コイン > 世界文化遺産登録記念 富士山 切手コレクション【全58種・8回シリーズ】

I・E・I アートギャラリー

世界文化遺産登録記念 富士山 切手コレクション【全58種・8回シリーズ】

世界文化遺産登録記念 富士山 切手コレクション【全58種・8回シリーズ】
クリックすると拡大画像がご覧になれます。

仕 様
●材質:カード=紙、ファイルポケット=塩化ビニール、アルバム=紙レザー他
●サイズ(約):カード=縦13.2×横20.8cm、
 アルバム=閉じた状態で縦15.6×横25.8×厚さ3cm
●日本製

世界文化遺産登録記念 富士山 切手コレクション【全58種・8回シリーズ】

この商品は毎月1回頒布形式でお届けします。

1回の支払い額 19,800円 (税込21,780円)
発送手数料 1回の発送に付き 700円 (税込770円)
支払総額 164,000円 (税込174,240円)

雄大な姿で晴れやかに日本人の心を彩ってきた霊峰富士を
全58種もの貴重な切手をとおして愛で、愉しむ
かつてないコレクションが誕生。
郵便学者・内藤陽介氏による監修選定のもと
世界文化遺産登録を記念して実現した特別企画。
テーマごとに写真や絵画入りの特製解説カードにセットして
毎月カード2点ずつ、全8回にわたってお届けします。

90年前に発行された歴史的な切手や、北斎の小型シート、人気の航空切手…
日本の宝"富士山"を題材に、郵便局ではもう手に入らない貴重な既発行切手が勢ぞろい。
監修者書き下ろしの特製解説カードには、美しい写真や絵画が満載!
無料進呈の特製アルバムに毎月ファイルしていけば、集める悦びがさらに高まります。

  • 郵便学の権威、内藤陽介氏が監修・選定
  • 富士山を題材にした貴重な既発行切手58種
  • すべて最高ランクの未使用品でご用意
  • テーマごとに写真や絵画入りの特製解説カードにセット
  • カード裏面の解説は監修者の書き下ろし
  • 毎月カード2点ずつ8回にわたってお届け
  • バインダー式特製アルバムを無料進呈
  • お1人様1セット限り

2013年6月、日本の最高峰「富士山」がユネスコの世界文化遺産に正式に登録されました。多くの庶民に尊ばれてきた信仰の対象として、数々の絵画や文学に影響を与えた芸術の源泉として、古より日本人の心に深く根づいてきた霊峰富士。我が国の象徴ともいうべきその秀麗な山が、普遍的な人類の遺産に認定されたのです。この晴れがましい世界文化遺産登録を記念して、日本の切手史に登場する富士山を選りすぐって揃えた、珠玉のコレクションが誕生しました。郵便学の権威、内藤陽介氏による監修・選定のもとに実現した、史上空前の特別企画。その壮麗な姿ゆえ、日本が誇る小さな芸術ともいうべき美しい切手の数々に表現されてきた霊峰富士が、かつてないコレクションとして今ここに集結します。

富士の名景の数々を切手で満喫
まさに頂点を極めたコレクター垂涎のラインナップ

江戸の昔に、激動の昭和。そして平成の今も——日本の歴史を連綿と見守りつづけてきた霊峰富士。そんな富士山のいま・むかしを、壮大な年代記さながらに貴重な切手の数々で綴ったのが本コレクションです。江戸の天才絵師が描いた富嶽図や、四季折々にうつりゆく姿、富士五湖からの眺望など…様々なテーマごとに揃えられた切手をつうじて、日本が誇る"世界遺産の山"を愛で、じっくりとお愉しみいただけます。ずらり勢ぞろいした切手の総数、実に58種。いずれも郵便局ではもう手に入らない既発行切手で、発行当時の美しさを保つ最高ランクの未使用品ばかり。90年前に発行された歴史的な震災切手をはじめ、葛飾北斎の小型シート、第1号の年賀切手や人気の国立公園シリーズなど、今日高値で取引されている希少な切手も確保しました。個人の力だけでこれほどの規模のコレクションを築くのは、ほぼ不可能でしょう。さらに見逃せないのは、ダイヤモンド富士や北斎の『凱風快晴』など、富士の絶景をとらえた写真・絵画入りの特製解説カード。多彩な切手との組み合わせもひとつの"作品"のように美しく、郵便学者・内藤陽介氏の書き下ろしによる裏面の解説は、切手の図案や発行にまつわる逸話など、読み物としても充実した内容となっています。それぞれの時代に思いを馳せつつ切手を鑑賞すれば、ますます興味がそそられ、熱い感動が胸に込み上げることでしょう。

今回のご提供は50セット限り
お申し込みはお早めに

これぞまさに収集品の最高峰——世界文化遺産登録記念<富士山 切手コレクション>は、郵便学者・内藤陽介先生による監修と選定のもと、I・E・I社から独占提供され、お求めはお1人様1セット限り。コレクションは毎月カード2点ずつ、8回にわたってお届けします。毎月届く切手を鑑賞しながら、カード裏面の解説で知識を深めていく愉しさは格別。バインダー式の専用アルバムがもれなく無料進呈されますので、お好きなようにファイルしてご家族やご友人に披露なされば、楽しい会話が盛り上がることでしょう。なお、確保できる切手の数に限りがございますので、今回のご提供数は50セット限りとさせていただきます。確実に入手なさるためにも、ぜひお早めにお申し込みください。

監修者 略歴 内藤陽介(ないとう・ようすけ)

昭和42年(1967年)、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。切手などの郵便資料から、国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し、活発な研究・著作活動を展開している。平成13年以降、日本学術振興会の科学研究費研究助成を得て、戦後日本の記念切手に関する網羅的な読む事典"解説・戦後記念切手"シリーズを刊行。他に、『切手と戦争』(新潮新書)、『皇室切手』(平凡社)、『満洲切手』(角川選書)など、著書多数。日本文芸家協会会員。


世界文化遺産登録記念 富士山 切手コレクション【全58種・8回シリーズ】

この商品は毎月1回頒布形式でお届けします。

1回の支払い額 19,800円 (税込21,780円)
発送手数料 1回の発送に付き 700円 (税込770円)
支払総額 164,000円 (税込174,240円)