HOME > ジュエリー > ブレスレット > 上皇上皇后両陛下 御成婚60周年記念 特別奉祝作品 慶びの舞妃蓮 手彫り本象牙と真珠とダイヤモンドの宝飾ブレスレット

I・E・I コレクション

上皇上皇后両陛下 御成婚60周年記念 特別奉祝作品 慶びの舞妃蓮 手彫り本象牙と真珠とダイヤモンドの宝飾ブレスレット

上皇上皇后両陛下 御成婚60周年記念 特別奉祝作品 慶びの舞妃蓮 手彫り本象牙と真珠とダイヤモンドの宝飾ブレスレット
クリックすると拡大画像がご覧になれます。

仕 様
●材質:本象牙(手彫り)、淡水真珠7mm珠・3.5mm珠、ダイヤモンド3石(計約0.01ct)、18金仕上げスターリング・シルバー(.925銀)製カットビーズ
●サイズ(約):内周16.5cm
●日本製

※天然素材を使用していますので、色合いなどが写真と微妙に異なる場合がございます。
 また本象牙は一点一点手彫りされますので、形状などが写真と多少異なる場合がございます。
※本作品は中糸に伸縮性の高いポリウレタン製ゴムを使用していますので、着脱が非常に簡単です。

上皇上皇后両陛下 御成婚60周年記念 特別奉祝作品 慶びの舞妃蓮 手彫り本象牙と真珠とダイヤモンドの宝飾ブレスレット

月々 4,980円(+消費税)×6回払い
一括価格 29,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)

「慶びの舞妃蓮」タイトル

手首にすべらせるたび、永久の気品が薫ります

平成31年4月10日、“平成最後”のご成婚記念日をお迎えになった
上皇陛下と美智子上皇后陛下に慶祝の意を捧げる
華やぎと気品に満ちたブレスレット。

上皇上皇后両陛下ゆかりの蓮の花「舞妃蓮」を
政府認定の貴重な本象牙に彫り上げ、
つややかな純白の真珠とともに連ねた典雅なデザイン。
御成婚60周年の“ダイヤモンド婚”にちなんだ
天然ダイヤモンドが永遠のきらめきを添えて・・・

皇室献上の栄誉に輝く宝石彫刻の名門「宅間工房」が
謹んでおつくりする特別な奉祝作品です。

  • 皇室献上の栄誉に輝く名門「宅間工房」が謹製
  • 上皇上皇后両陛下ゆかりの蓮の花「舞妃蓮」がモチーフ
  • 政府認定の貴重な本象牙
  • 象牙彫刻の名匠による手彫り
  • 純白の真珠を連ねた優美なデザイン
  • ダイヤモンド3石
  • 特製桐箱に収めてお届け

美智子さまの気品と美しさをうつしたように、希少な本象牙に、精緻な手彫りで咲かせた舞妃蓮

昭和34年4月10日――この日、未来の天皇皇后となられる皇太子明仁親王殿下と正田美智子さん(当時)は古式ゆかしき「結婚の儀」に臨まれ、めでたくもご成婚あそばされました。華麗なる馬車列のパレードをひと目見ようと多くの国民が沿道につめかけ、日本中が喜びに沸いたあの“世紀のご成婚”以来、60年の年月を仲睦まじく歩まれてきた上皇上皇后両陛下は、平成31年、平成最後のご成婚記念日をお迎えになりました。この誠に喜ばしき節目に寄せて、皇室献上の栄誉や、正倉院宝物の復元など、数々の実績を誇る宝石彫刻の名門「宅間工房」が、特別な奉祝作品を創作しました。上皇上皇后両陛下ゆかりの蓮の花を、政府認定の貴重な本象牙に咲かせたブレスレット〈慶びの舞妃蓮〉です。

皇室献上の栄誉に輝く名門「宅間工房」が謹製
本象牙に咲かせた舞妃蓮に、純白の真珠を贅沢に連ねて

おふたりの変わらない絆を象徴するダイヤモンド3石をセット。

まろやかな乳白色の本象牙に彫り上げられたのは、御所の庭で毎年優雅な花を咲かせる“舞妃蓮”。上皇上皇后両陛下がご結婚後初の外国ご訪問の際に持ち帰られた蓮の実をもとに交配を重ねた特別な品種で、おふたりにとって大変思い出深い花です。ふっくらと重なり合う花びらの一枚一枚まで表現された見事な造形美は、皇室献上の栄誉に輝く名門「宅間工房」ならでこそ。熟練の象牙職人の手により、大輪の舞妃蓮が巧みに彫り上げられました。花芯には、ご成婚60周年の“ダイヤモンド婚”にちなんでダイヤモンド3石が輝き、さらにつややかな純白とほのかな藤色の光沢を帯びた真珠が贅沢に連ねられています。そっと手首にすべらせるたび、永久の気品を薫らせ、おふたりの御心を近くに感じていただけることでしょう。 〈慶びの舞妃連〉宝飾ブレスレットはI・E・I社を通じてのみ提供されます。ぜひこの機会にお申し込みください。

題字の記された桐箱に収めてお届けします。

※本商品は、上皇上皇后陛下がご退位する以前に発売されたため、付属品や同梱物の記載が「天皇皇后陛下」となっております。あらかじめご了承ください。

皇妃さながらの気品と美しさ 舞妃蓮

舞妃蓮の花

昭和35年、皇太子時代の上皇陛下と美智子さまが、ご結婚後初の外国ご訪問としてアメリカに訪れた際、現地で蓮の実を贈られました。この実を持ち帰って開花させた“王子ハス”をはじめ、様々な品種を交配させて生まれたのが“舞妃蓮”で、両陛下にとって大変思い出深い蓮の花です。美智子さまの美しさになぞらえて情緒豊かな名を冠された舞妃蓮は、昭和43年に作出されたのち、平成9年に御所の庭でも育て始められました。季節になると優雅な花を咲かせ、両陛下のお目を楽しませています。

政府認定の貴重な本象牙

経済産業省のシール

1990年以降ワシントン条約で取引が禁止されている象牙は、1999年と2009年の2回のみ特例的に日本への輸出が認められました。本作品は、ますます希少性が高まる正規輸入の本象牙を使用している証として、経済産業省のシールが添付されています。

<象牙製品に関する取り扱いについて>

インペリアル・エンタープライズ株式会社は、象牙製品の取り扱いについて「特別国際種事業者」として登録、環境省・経済産業省により認定されております。

特別国際種事業者【ぞう科の牙の加工品】
登録番号:S-3-13-00056
登録の有効期間の満了日:2021年5月31日

> 詳細はこちら

宅間工房

昭和8年創業。黄綬褒章受章に輝く創業者・詫間正一の技と心をいまに受け継ぎ、80年もの歴史の中で培った伝統を、芸術性の高い宝飾作品へと昇華しつづける宝石彫刻の名門。かつてその作品「木の葉」が東宮御所、「金魚」が高松宮のご所有に。他皇族方への献上の栄誉や、正倉院宝物の復元作業への寄与、東京都庁買い上げ、日本伝統工芸展における多数の受賞など、数々の実績を誇る。

上皇上皇后両陛下 御成婚60周年記念 特別奉祝作品 慶びの舞妃蓮 手彫り本象牙と真珠とダイヤモンドの宝飾ブレスレット

月々 4,980円(+消費税)×6回払い
一括価格 29,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)