HOME > 日本画・書 > 高級複製画 > 井上直久「多層海の借景庭園」直筆サイン入り 限定版美術作品

I・E・I アートギャラリー

井上直久「多層海の借景庭園」直筆サイン入り 限定版美術作品

井上直久「多層海の借景庭園」直筆サイン入り 限定版美術作品
クリックすると拡大画像がご覧になれます。

仕 様
●材質:本紙=キャンバス(木枠張り込み)にピエゾグラフ 額=天然木(ラッカー塗装)
●サイズ(約):画寸=縦33×横52cm 額寸=縦44×横63.2×厚さ3.9cm
●重さ(約):2.6kg
●日本製

※サインは直筆のため、写真とは多少異なる場合がございます。

井上直久「多層海の借景庭園」直筆サイン入り 限定版美術作品

月々 13,000円(税込14,300円)×15回払い
一括価格 179,800円(税込197,780円)
発送手数料 700円(税込770円)

井上直久「多層海の借景庭園」

スタジオジブリ「耳をすませば」の
背景画を描いたことでも有名な画家・井上直久が
特別な節目におくる貴重な“直筆サイン入り”美術作品。

幻想的なイバラードの世界を、
“ピエゾグラフ”という高精細な技法で
原画のままにキャンバスに再現。高級額縁に収めてお届けします。

  • 貴重な描き下ろし原画を高度な“ピエゾグラフ”でキャンバスに再現
  • 井上直久氏の直筆サイン入り
  • 高級額縁に収めてお届け
  • 限定350部 エディションナンバー入り

リビングや玄関など、様々なスペースに調和。日々の暮らしに、癒しと喜びをもたらします。

どこまでも心が解き放たれるような、壮大な世界観と晴れやかな色彩美…天上の景色でしょうか、夢の中に迷い込んだのでしょうか。観る者の空想をかきたてるこの幻想的な絵画を描いたのは、スタジオジブリ「耳をすませば」の挿話「バロンのくれた物語」の背景美術を手がけたことでも知られる画家・井上直久氏。中学国語教科書(教育出版)の全学年の表紙絵に採用されるなど、多彩に活躍するその人気作家の画集「イバラード」の創刊40周年を記念して、特別な美術作品をご案内できる運びとなりました。幻想的なイバラードの世界を、作者自身の監修のもと、色鮮やかにキャンバスにとらえた『多層海の借景庭園』。井上直久氏が一点ごとに直接ペンをとってサインを入れる、たいへん貴重な逸品です。

イバラードとスタジオジブリの出会い:“イバラード”とは、井上直久氏が自身の住む茨木市にちなんで名づけた独自の作品世界。植物で覆われた建造物や、ラピュタと呼ばれる飛島など、魔法が存在するかのような不思議な世界観が人々を惹きつけ、様々な出会いが生まれました。スタジオジブリとの出会いもそのひとつ。1994年、東京で初めての個展に宮崎駿氏が訪れ、強く興味を抱いたことをきっかけに、5ヵ月後、スタジオジブリの映画「耳をすませば」への参加オファーが井上氏のもとへ届くことに。後には短編アニメーション映画「星をかった日」の原作や、三鷹の森ジブリ美術館の壁画の制作を手がけるなど、スタジオジブリとの関わりをさらに深め、井上氏の評価もいっそう高まることとなりました。

うつりゆく春夏秋冬を、多層的に表現
日常を豊かに彩る、癒しのインテリア

「世界はいくつもの重なった層でできていて、僕らはその一階層に住んでいる」──そう語る井上直久氏の言葉を表すように、幾重にも多層的に分かれた不思議な世界。天高く聳える山嶺は、古代インドの世界観“須弥山”をモチーフにしたもので、麓から頂上に向かって、うつりゆく四季の風景が、様々な植物や建物とともに描かれています。そして空中には、「耳をすませば」にも登場する“借景庭園”がおぼろげな蜃気楼のように浮かび上がり、いちだんと幻想的な趣を際立てて…お届けする作品の制作にあたっては、“ピエゾグラフ”と呼ばれる高精細な複製技法を駆使。井上直久氏の豊かな色彩や、細やかな絵筆のタッチも、原画のままにキャンバスにうつされました。さらに作品は、画趣に合わせて選ばれた高級額縁に収めてお届け。わずか350部のみの限定版で、奥付にはエディションナンバーが入れられます。ぜひこの機会にお申し込みください。

井上直久氏が仕上がりに納得した作品にのみ、一点一点ご本人の直筆サインが入れられます。イバラードに登場するユニークなキャラクター“めげゾウ”の姿も。/画趣に合わせて選ばれた天然木製の高級額縁。ホワイトを基調に金色の模様が浮かび上がる、こだわりの仕様です。/作者の認可のもとに再現された公式な作品であることを示す作品保証書(奥付)が額裏に貼付されます。限定作品の証であるエディションナンバー入り。

原画の色彩や風合いもそのままに。高精細な再現を可能にした“ピエゾグラフ”

高精細な技法“ピエゾグラフ”で原画のままにキャンバスに再現

ピエゾグラフは、人の視覚に極めて近い精細な表現を特徴とする高度な複製技法です。元の絵を色相、彩度、明度の要素をもった粒子に分解した上で再構成することにより、原画の色彩や風合いを損なわないハイクオリティな再現を可能に。デジタル技術の最先端でありながら、アナログな筆のタッチを活かした作品の表現などに最適な方法と言われています。今回の制作にあたっては、油絵などに使われる本格的なキャンバスに、一点一点ピエゾグラフの技法が駆使されました。

井上直久 氏

井上直久氏 近影

1948年、大阪生まれ。1971年、金沢市立美術工芸大学卒。1973年~1993年まで高校美術教諭として勤務。1974年以降、各地で個展、企画展を開催。1981年、画集「イバラード1981」を出版。1983年、絵本「イバラードの旅」を刊行。講談社絵本新人賞受賞。2000年、パリにて個展。2001年、中学国語1-3年教科書表紙装画(教育出版)。2002年、ジブリ美術館の壁画制作。2004年、中学美術1年教科書に作品「エアシップの木」と解説文掲載(日本文教出版)。2005年、中学国語1年教科書に「まだ言葉にならないものを描く」執筆。その他出版、個展は多数。


井上直久「多層海の借景庭園」直筆サイン入り 限定版美術作品

月々 13,000円(税込14,300円)×15回払い
一括価格 179,800円(税込197,780円)
発送手数料 700円(税込770円)