HOME > 雑貨 > その他 > 国指定文化財 琉球藍 ─ 極上散歩 ─ 本麻手染めメンズシューズ

I・E・I コレクション

国指定文化財 琉球藍 ─ 極上散歩 ─ 本麻手染めメンズシューズ

国指定文化財 琉球藍 ─ 極上散歩 ─ 本麻手染めメンズシューズ
クリックすると拡大画像がご覧になれます。

仕 様
●材質:本体=本藍染生地(本麻100%)、牛革
 内側=グリム®エアー、豚革 底材=合成ゴム
 靴紐=綿
●サイズ(約):24.5、25、25.5、26、26.5、27cm
●ヒールの高さ(約):2.5cm
●重さ(約):片足290g(25cmの場合)
●日本製

※天然染料を用いた手染めのため、色合いが画像と微妙に異なる場合がございます。

国指定文化財 琉球藍 ─ 極上散歩 ─ 本麻手染めメンズシューズ

月々 4,980円(+消費税)×6回払い
一括価格 29,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)

“幻の藍”と謳われる「琉球藍」で染め上げた
貴重な本麻を贅沢に使用しておくる
粋なメンズシューズ。
高名な藍染め作家の手になる
美しい“日本の彩”を生かした洗練のデザインで
驚くほど軽やかで歩きやすい
快適な履き心地を実現。
毎日の外出がいっそう楽しくなる紳士の名品です。

  • 国指定文化財に認定される希少な「琉球藍」を使用
  • 藍染めの名匠、吉川慶一氏による手染め天然麻100%
  • 日本の靴職人が一点一点手作り
  • 上質な牛革のトリミング
  • 疲れ知らずの快適な履き心地
  • 高級メンズブランド「一期一衣」のオリジナル
  • I・E・I社からのみ提供
  • お1人様1点限り

高名な本藍染作家の手染め天然麻を用いて、熟練の靴職人が一点一点手作り。
日本の匠と出会うメンズブランド「一期一衣」から、本物を求める紳士へ。

海のごとく深遠で、蒼穹のように清々しい、藍の中の藍というべき極上のジャパンブルー「琉球藍」。原料自体が希少なうえ、国指定の染料製造技術保持者がわずか一人というその“幻の藍”を、日々の外出のたびにお楽しみいただける最高に贅沢なメンズシューズが誕生しました。琉球藍を自在に操る高名な本藍染作家、吉川慶一氏の手染め天然麻を用いて、日本の靴職人が一点一点手作り。琉球藍ならではの深みのある美しい色合いを生かし、軽さやバランスまで徹底的に追求。どこまでも歩いていきたくなるような疲れ知らずの快適な履き心地を実現しました。 I・E・I社を通じてのみ提供され、お求めはお1人様1点限り。 今すぐお申し込みになり、“日本の彩”とともに颯爽と街へお出かけください。

国指定文化財 琉球藍

世界最古の植物染料のひとつ、天然藍は発色が美しいだけでなく、生地を丈夫にし、防虫効果もあることから、日本で広く愛用されてきました。明治時代に来日した外国人たちは日本中にあふれる美しい藍色に驚き、「ジャパンブルー」と称賛したと伝えられています。そんな天然藍の中でも、抜けるように鮮やかで深い発色を誇るのが、本作品で使用されている「琉球藍」。沖縄の暖かい気候でしか育たないキツネノマゴ科の植物が原料で、一般的な藍染めとは異なります。昭和52年に国指定文化財に指定された琉球藍は、原料の入手自体が難しく、その製造技術者は現在ではわずか一人のみ。本作品は、この唯一の国選定保存技術者が作った琉球藍で、吉川慶一氏が丹精込めて染め上げた本麻を使用。染めては洗いを20回以上繰り返して天日干しし、通常の藍染めの3〜4倍の時間と手間をかけて仕上げた“極上のジャパンブルー”を、快適な履き心地とともにお楽しみいただけます。

本藍染作家 吉川慶一

1952年京都市上京区生まれ。嵯峨美術短期大学(現・嵯峨芸術大学)を卒業後、紅型・藍染の技術を学び、茶道美術公募展で入選、淡交社賞、奨励賞などを受賞。現在は亀岡ガレリアでの作品展などで活躍している。

日本の匠と出会うメンズブランド
世界に誇る日本の職人気質が貫かれた和の伝統素材を用い、現代のスタイルにマッチした新鮮なデザインでおくる高級オリジナルメンズブランド。日本のモノづくりの伝統が息づくこだわりの素材、洗練のスタイルとの出会いをご提供いたします。

国指定文化財 琉球藍 ─ 極上散歩 ─ 本麻手染めメンズシューズ

月々 4,980円(+消費税)×6回払い
一括価格 29,800円(+消費税)
発送手数料 700円(+消費税)